病院の治療と再発防止の2重でケア

若い頃から左の頬の耳に近い所に大きなシミがありました。

気になるといえば気になるのですが前からみるとあまり目立たないというか自分には見えないのです。

横を向くと「あっ、ある」というような感じでした。

20代の時は日焼け止めを塗ったりはしていましたがさほど真剣に紫外線の予防をしていませんでした。

そして結婚して出産を機に会社を辞めると日焼け止めを塗るのみでお化粧もしなくなりました。

子供が歩くようになって公園に行くようになってもそのまま。

帽子もかぶっていませんでした。ある時横を向くと顔のシミがかなり濃くなっていました。

しかも他にもシミができかけていることにも気付きました。

主人にもシミが濃くなったことを指摘され焦って口コミサイトで美白を検索、色々と化粧品を試してみました。

でもあまり効果を感じられず。その時よく行く皮膚科でレーザー治療をしていることを思い出しました。

ホームページをみると値段もさほどに高くなかったので主人に相談をしてオーケーをもらいました。

皮膚科で相談すると私のシミは直径約2センチで2万円でした。

当日お化粧しない状態で麻酔テープを貼って病院へ行きました。

炭酸ガスレーザーという治療で、簡単にいうとレーザーで焼いてかさぶたとなってシミが落ちていくというものです。

患部を1週間テープで覆っていなければならないのが大変でした。

その後また病院でテープを剥がしてもらいましたが、もう1度レーザーを当てた方がよいというので1ヶ月おいてまて同様の施術をしました(これは料金に入っていたので追加でお支払してません)。

その結果かなり薄くなりました。

後は光治療というのをすると更にきれいになりますと言われましたが今はかなり満足しているのでそのままです。

後は自分が働くようになってからやろうかなと思っています。紫

外線予防は日焼け止めや帽子着用等ももちろん大事ですが保湿もかなり重要だということも知りました。

それで今は保湿も重視したスキンケアもしてシミを増やさないように日々努力しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です